【次こそ成功】転職に失敗しない歯科衛生士の求人の探し方!!

歯科衛生士の仕事

独特で狭く小さい歯科業界で、離職者が多い歯科衛生士。それでも夢見て3年間、試験と実習を繰り返し国家試験に合格。でも、本当の試練は働きだしてからだったと思い悩む人は多いです。私も人間関係や閉院で転職に悩みに悩んで迷いに迷った一人です。

今回は、歯科衛生士として転職しようと求人を探している方に私がオススメする求人サイトや面接時のチェックポイントをご紹介していきます♪

私の失敗

コンビニより多い歯科医院の求人数は非常に多いのに、その中から自分の理想の歯科医院、働きたい歯科医院を見つける事はとても難しいですよね??いつ見ても同じ歯科医院の求人ばかりで印象も良くない。また、経験者であれば自分の得意分野なども考慮したいですし、未経験やブランクがある方であれば、きちんと教育体制が整っているか心配ですよね。

 

やっと条件がそろっても独特な歯科業界。みんな口を揃えて言いますが、正直、就職してみないと何も分かりません。いくら見学をしようと院長の治療方針や人格、スタッフの人間関係は分からないのです。歯科衛生士に男性も増えてきているようですが、まだまだ女の世界。毎日長い時間一緒に過ごす先輩後輩の人間関係は1番の悩み・ストレスになりますよね。

 

失敗した時の転職方法

私が転職したときに利用した転職方法は、

  • 某求職所
  • 知り合いの紹介

でした。特に、某求職所では、安定した求人票とスタッフが相談や面接の日程決めまでしてくれます。しかし、私は、こちらで2回失敗しています。2回とも見学し決めたのですが・・・。

 

1回目は、不潔歯科医院でした。1番衝撃だった事はグローブを1日2組しか使えない事です。2回目は、面接時にきちんと確認したはずなのに、入社したら求人票とは、全く違う時間、休み、有給ナシ、無給残業あり。求人票が大嘘。そして、院長が、入社してたった3か月程度の非常に頑張っていた新卒の歯科衛生士さんに八つ当たりをしていました。ドン引きです。

 

某求職所で、相談に乗ってくれるのは、他職種の会社も扱っている普通の事務員さんなので歯科業界の独特な悩みなどはあまり理解・共感してもらえませんでした。そして、たまたまとは思いますが、求人票が大嘘だったので信用性もありません。知り合いの紹介も失敗でした( ゚Д゚)

 

私が良い歯科医院に出会えた転職方法

独特な歯科医院の転職は、独特な歯科医院に特化した求人サイトがオススメです。グッピーやインディードなどあります。私が、特に1番使いやすく丁寧で好感を持てたのは、ファーストナビ歯科衛生士 ジョブメドレー です。両方とも業界トップレベルの信用でいる求人サイトです。

 

最後まで丁寧なサポートをしてくれる求人サイト

求人が多すぎて選べない。正直、もう悩みすぎてどうしたらいいのか分からなくなってしまった。そういう方は、ファーストナビ歯科衛生士 が、オススメです(#^^#)♪

私も利用し、とてもお世話になりました。業界トップクラスの非公開求人含め多数の求人があるサイトです。登録は、とても簡単で無料で利用ができます。登録すると、まず、担当者の優しく丁寧な女性から電話がかかってきます。今までの私の歯科衛生士の経歴やどんな事があったのか、何が好きで得意なのか、希望条件など全て自然に聞きだして、考えを整理しまとめてくれます。これだけでも感謝ですよね。

 

1回目の電話は、これで終わりです。数日後に、同じ担当者から私の経歴や悩み、希望条件あった非公開の求人含めた数件の歯科医院を紹介してくれました。非公開求人がかなり多い印象です。給料やお休み、スタッフの人数や年齢、人間関係、診療の事まで私は細かく質問しましたが、担当者は親身になって「それならこれも一緒に聞いておきましょう」と質問をまとめて直接、歯科医院に確認してれました。

 

条件にあった新しい求人が入ればメールやLINEもくれますし、本当に助かりました。最後までしっかりと丁寧にサポートしてもらえました。無事、入社後、院長に当時の話を伺うと「電話は大変だけど、こちらもどんな人か詳しく教えてもらえて、断る事も可能だから助かる」と話していました。ちなみにその歯科の院長は、とても素敵な院長で、スタッフもみんな素敵な女性でした。今でも大好きな院長です。

 

歯科衛生士限定/非公開求人数で選ぶなら【ファーストナビ歯科衛生士】

詳細情報あり‼︎自分でゆっくりと探せる求人サイト

様々な求人の細かい情報まで見れてゆっくりと時間をかけて自分で探したい方は、ジョブメドレー が、オススメです( *´艸`)

私は、こちらも同時に利用していました。日本最大級の医療求人サイトで無料で利用できます。とにかく1番検索が簡単で見やすいです。自分の職歴や条件を入力しておけば、なんとスカウトが来ます。応募するか迷っている時に、スカウトをもらえると非常にうれしく前向きに検討できます。また、不明点や悩みがあればキャリアカウンセラーが相談に乗ってくれますよ!!

 

私が特に良いと思った事は、求人の掲載内容です。給料や時間、お休みなどの基本的な事は、もちろんですが、医院の特徴や診療科目、スタッフ構成(平均年齢)、ユニット数、平均患者来院数まで掲載されています。さらに、歯科医院によりますが、スタッフや院内の写真もたくさん載っています。かなり細かく掲載されているので、まるで見学に行ったような気分になりますよ!!すごいですよね。気に入った求人は、キープできる機能も非常に役立ちます。

 

地図もあるので引っ越し先の職場探しなど知らない土地の求人探しやすいです。多数ある求人を自分で比較し、納得できるまで時間をかけて検索できます。

 

登録無料!歯科衛生士の転職ならジョブメドレー

 

これから退職・転職する歯科衛生士の仲間へ

どんな仕事も大変ですが、実際、歯科衛生士の仕事はとても大変だと思います。日々の神経を使う細かい治療、院長や患者様に振り回される事も少なくないです。体力、知識、技術、コミュニケーション能力を限られた時間内で繰り返し行う治療。私たち、めっちゃ頑張ってますよね。さらに、職場環境は閉鎖的で古く固執したところが多く、人間関係で悩む人は私の中では、かなり多い印象です。

 

人間関係や自分の知識や技術不足など、ストレスがどんどん自分を空回りさせ苦しくなりますよね。でも、転職すれば、環境が変われば、解決する事がたくさんあります。素敵な院長、素敵な仲間、絶対にあなたにあった歯科医院はあります。

 

まずは、求人を見る。色んな歯科医院を見る事で世界が広がります。時間を見つけて見学だけ行く事も可能です。行動して自分で道を切り開いていきましょう!!

 

面接時のチェックポイント

私の面接時のチェックポイントを紹介します。

チェックポイント
  1. 面接時間を守っているか。(約束した時間に伺ったのに、5分以上待たせれたらマイナスポイント。)
  2. 受付スタッフが私が来る事を理解しているか。(報連相をしていない)
  3. 受付の電話対応・接客態度(自分に対しても、患者に対しても。笑顔があるか。)
  4. 院長が笑顔か。(スタッフ・自分に対してどんな態度や指示、説明をしているか。)
  5. 面接時に院長(面接者)がメモの準備をしているか。(真剣なら普通はメモを取ります)
  6. 求人票は、記載内容をきちんと確認(書いてあるから大丈夫では、痛い目に合います)
  7. 院内見学は必ずする。(道具、消毒室・技工室がきれいか。整理整頓できているか。可能であれば予約帳も見る)
  8. スタッフと話をする。(院長とスタッフの言うことが違うならアウト)
  9. 自分がそこにいて居心地がいいか。(これが一番大事。第一印象の雰囲気が合わないなら本当に合わない。直感は信じた方が◎)

 

あくまで私のチェックポイントなので参考までに( *´艸`)

 

おまけ

退職・転職をしようと決意したならばまずは、退職届が必要になります。普通は手書きが多いですが、最近はパソコンやスマホで入力して印刷する事も可能です。退職届の書き方

次に、退職時に保険証や制服などはきちんと返しましょう。そして10日前後で自宅に、退職した職場から必要書類が届きます。退職手続き全リスト!

失業手当の受給を考えている人は、早めにハローワークに行きましょう。結構な時間かかかります。失業保険の受給資格とは?

 

退職・転職にはこのような書類が必要になりますので頭の隅に入れておきましょう。源泉徴収票も忘れずに!!!転職が成功する事をお祈り申し上げます♪

 

 



コメント