【初キャンプでも安心】まずは低コストで始める持ち物リスト

キャンプ

初キャンプで注意したい事は、忘れ物。キャンプは事前準備が大事です。

キャンプ道具は、多種多様で、値段もピンキリ。お店に行くと、つい欲しい物が増え、無駄にコストがかかってしまいがちです。

初キャンプだからこそ、まずは、最低限必要なものを考え、リスト化して準備していきましょう。

 

初キャンプでの忘れ物は大ダメージ!!

きちんと確認して忘れ物しないようにしましょう。

 

買い物に行く前に

いくら低コストでと言っても金額にこだわりすぎると楽しくないですよね。「100均ばかりで揃えたらホームレスになってしまった・・・」と笑い話でよく聞く事も事実。

SNSで見かけるようなおしゃれキャンプにしたいですよね。

これからキャンプを継続して行くのか、単発で終わるかもしれない(お試しで経験してみたい)、そこを意識すると何に金額をかけるのかが分かってきます。

 

hinataレンタル

とりあえず、キャンプが流行っているから体験してみたい、自分がキャンプを今後も行くかは分からない。

そんな場合は、キャンプ用品のレンタルがあります。

今後、どうなるか分からないのであれば無理に購入せず、レンタル用品を利用することをおすすめします。

hinataレンタル」であれば、SNSで見かけるような有名なキャンプブランドのキャンプ用品をレンタルする事が可能。実際使ってみて、「よかった!!気に入った」と思ったら購入を考えると良いでしょう。

 

hinataレンタルでキャンプデート!!気軽におしゃれキャンプの準備をしよう
今度、初めてキャンプデートする予定だけどおしゃれなキャンプ用品を持ってないんだよね・・・ おしゃれなキャンプ用品って高額だよね。 キャンプデート時やキャンプにマンネリしてる...

 

最低限持ち物リスト

まずは、キャンプで必ず必要なものをチェックしましょう。

 

キャンプ設営

 

テントランタン・懐中電灯焚火台(BBQグリル)
タープ電池BBQ用網
ペグ寝袋炭(薪)
ポールマットトング
ロープテーブルライター(ガスバーナー)
ハンマー椅子着火剤
グランドシートクーラーBOX(保冷剤)

 

キッチン用品

 

包丁キッチンはさみ洗剤とスポンジ(金たわし)
まな板お鍋食材・飲料水
コップジップロック調味料
お皿アルミホイル
お箸・スプーンゴミ袋

 

その他

 

ティッシュ(キッチンペーパー)蚊取り線香クリップ
軍手虫よけスプレー毛布やストーブ、カイロ
ドライネットランタンホルダー日焼け止めやサーキュレーター
着替え常備薬お風呂セット
羽織り物や帽子眼鏡(コンタクト+洗浄液)タオル
下着歯ブラシセットメイク用品
モバイルバッテリーレインコート

 

低コストにする

キャンプ用品で1番金額が高いものは、テントです。

テントで悩んでいる人は多いでしょう。いきなり、高額なブランド品を買うか悩んでいるのであれば、キャンプ用品のレンタルができるhinataレンタルがおすすめです。

 

テントにこだわりがなくても、テントだけは、価格で判断しないようにしましょう。テントは雨風に耐えられる最低限の機能性があるものがおすすめです。

 

テント

キャンプブームの今、様々なテントが販売されて値段も種類なども豊富。

テントは、ダブルウォールがオススメ。ダブルウォールは、インナーシートに直接風や雨が当たらないように外側にもう1枚シートがあります。結露が起きにくく、シングルウォールより快適に過ごせます。

次に設営が簡単なテント。せっかくのキャンプで準備に時間がかかると勿体ないです。事前にテントの設営の仕方(可能であれば1度練習)を確認しておくこと。

ダブルウォールで、2人用なのに広いです。軽量で持ち運びしやすく、設営がめちゃくちゃ簡単です。出入口が2つありどちらからでも出入りができるので設営場所を選びません。開閉自由な通気口もあるので風通しもOK。耐水性も機能的にも非常に優れています。

 

 

ご紹介しているテントは、比較的低価格です。

私が、キャンプデビュー時に、実際購入し、問題なく使用できたおすすめの商品です。

 

タープ

キャンプで過ごす時間は、ほとんどタープの下。日よけや雨除けなど空間づくりにとても大事‼快適に過ごせる広さ・突然の雨にも平気な耐水性・UVカット・タープ下で焚火をするなら耐熱性が選ぶポイントです。

 

タープの形も様々で、基本的に多いのが一枚型です。スクリーン型で囲むタイプありますが、個人的には開放感がある一枚型が好きです。これは、好みで選んでください。タープで低コストなのは一枚型が多いです

その他の用品

テントとタープが決まれば、あとはホームセンターやキャンプ用品専門店へ。

 

キッチン用品や細かい備品は、100円ショップにたくさん販売されています。まずは、100円ショップへ行く事がおすすめです。結構、役立つキャンプ用品が充実していますよ。

 

軽量キャーリーカート

キャンプ用品を持って移動するのは、体力も時間もかかります。キャンプ場は道が悪い所も多く、転んだり危険な事もありますよね。

女性でも簡単に荷物を運べる折り畳み式の軽量キャリーカート。キャンプ道具の小物を上手に収納すれば、たくさん収納できます。そして、蓋を閉めれば物置やテーブルにもなるので大活躍です♪

 

こちらもおすすめ

【最強キャンプ調味料8品】この調味料があれば味に飽きない!!
キャンプの楽しみの1つと言えば、自然の中で食べるキャンプ飯!! でも、せっかく、遠出して美味しいものを手に入れたのに、「調味料が足りない」「味に飽きた」と、そんな事がありませんでしたか?? でも、自宅のようにたくさんの調味料を持...

 





コメント