【信頼度UP】先輩に好かれる新入社員のコミュニケーションルール‼︎

歯科衛生士の仕事

今回は、これから初めて社会に出る新卒の方に向けて、「最低限、これだけは意識してほしい」という事をお話していきます。社会に出て働き始めると、最初のうちは、慣れない環境や人間関係に疲れが溜まります。中には、学校と会社の現実の違いに、心が沈む人も多いでしょう。

 

仕事の内容の不慣れは、積極的に学べば、時間や経験が解決してくれます。しかし、人間関係の悩みを解決することは、難しいです。人を変えることは、難しく自分にストレスが溜まるばかり。1番早い方法は、あなたが働く上で必要なルールを身につけ学び、自分が変わることです。

 

新入社員だからこそ、スタートが大事。基本的なコミュニケーションルールを守りましょう。人として、社会人として、素直に仕事や仲間と向き合えば、誰かは気づき、評価をしてくれます。信頼され愛され、自分の求める仲間が集まり、あなたの意見に耳を傾けてくれます。

 

自分に魂を入れる

お金を頂いて働くことは、その会社の顔になったということ。一緒に働くことは、常にあなたは周りから見られ、感じられているということです。プライベートと仕事のスイッチON・OFFの切れ替え、私情を職場に持ち込まないように自分をコントロールをしましょう。

 

無意識を意識する

あなたは、自分の無意識を意識したことはありますか??自分の無表情を意識したことは、ありますか??無表情は、他人に不快感や不満、やる気の無さを抱かせてしまい、良いイメージには繋がりません。笑顔を忘れないようにしましょう。

 

無意識、無表情は、あなたのイメージを下げてしまいます。疲れて無になってしまう事もあると思いますが、自分に魂を入れ、最低限の見られているという意識を忘れないように

 

無意識を意識できるようになると、周りからは、いつもやる気のある、キラキラとしている、存在感のある人と思われます。

 

言葉をポジティブに

あなたは、普段どんな言葉を使いますか??自然とマイナス言葉を選んでいませんか??たまに、愚痴をこぼす事もあるかもしれません。しかし、愚痴を言う時やマイナス発言をする時は、1つルールがあります。それは、最後はポジティブに終わる事。

 

マイナス言葉や愚痴は、話す側も聞く側も、気持ちが良いものではありません。相手に共感を求める事で、そう思っていなかった相手にも、嫌な気持ちやマイナスなオーラが伝染してしまいます。逆に、あなたがポジティブ言葉を発言すれば、相手もポジティブになれます。

 

愚痴を言う時は、言葉のチョイスと聞いてもらう相手への影響や、責任を考えて発言しましょう。最後は、気持ちよくポジティブな言葉で終わるコミュニケーションに。そうすれば、会話の後味も良いでしょう。マイナス発言や愚痴を言ってしまった事に対しての嫌悪感にも襲われにくいです。

 

円滑に業務を行うためのホウレンソウ

ホウレンソウとは、報告・連絡・相談の略で、働く人なら知っている当たり前の言葉です。円滑に業務を進めていく上では、欠かせません。タイミングよく正しく行うことで、会社、顧客、上司や部下との良好な関係を築くことができ信頼度が上がります。

 

実は、できる人は、教えなくてもホウレンソウが自然にできています。できない人は、いつまで経ってもできません。私の職場にも先輩で、ホウレンソウができず、現場を混乱させる人がいました。新卒で、入社したばかりであれば、ホウレンソウができるだけで、仕事が円滑に進みやすくなります。仕事ができるイメージがつき、可愛がられ評価が高くなるでしょう。

 

指示の出し方

  1. 相手の仕事状況を確認する
  2. 内容を簡潔にまとめメモなどに記入して渡すとベスト
  3. 目的やゴールを説明する
  4. 締め切りなどの日時をはっきりとさせる
  5. 伝えたと伝わったは違うので最後にもう一度確認すること

指示の受け方

  1. まずはきちんと「はい」と返事
  2. 5W2H(いつ・どのように・どこで・誰が・何を・どうする・なぜ)を基準にメモを取る
  3. 締め切りなどの期限を確認
  4. 復唱する
  5. 分からない事は勝手に判断しない。質問する。

報告の仕方

  1. 報告のタイミングを知る
  2. 指示を出した人に報告する
  3. 報告の方法を考える(口頭で伝わりにくいことは記入しておくなど)
  4. 報告は結論から伝える(事前に頭の中を整理しておく)
  5. 次の指示を仰ぐ

 

自分の周りを美しくする

第一印象として身だしなみを整えることは、当たり前です。他にも、客観的にデスク周りや持ち物に清潔感があり、美しく見えるように心がけましょう。

 

整理整頓

自分の周りが汚いと、仕事の効率が悪くなりイライラしやすくなります。環境が汚いと頭の中も整理できず、ゴチャゴチャします。必要時に素早く取り出せるように、付箋やファイルで整理をしましょう。先輩に何か言われたときに「はい、ここにあります」とサッと出せたらかっこいいですよ!!

 

普段、掃除されていない場所のきれいにしましょう。その姿やきれいになったことに、誰かは気づくものです。そして、直接褒められなくても誰かの心の中で、よく気が付く人だなと評価が上がるでしょう。

 

感謝を伝える

新入社員は、先輩に、指導やフォローしてもらうことが多いと思います。そのたびに「ありがとうごさいます」と伝えるのは当たり前。さらに、1年に1度などにお世話になっている先輩にチョコレートや飴と一緒にメッセージカードで感謝を伝えてみてください。

 

毎日忙しい中で、繰り返し言われた「ありがとう」の100倍は、うれしくなり先輩は喜びます。仕事を教える事は教えられる事より責任が重く難しいものです。そして先輩は、無駄ではなかった、先輩として認めてもらえてると思えるのです。

 

まとめ

学生時代にも学ぶ、基本的なコミュニケーションルール。でも、意識するだけで、仕事の出来や信頼度がグンっとUPします。入社時は、大変ですが、笑顔でホウレンソウを守り、ミスをしても、正直に素直に対応すれば大丈夫です。コミュニケーション不足にならないように心がけましょう。

 

そして、身の周りは美しく、整理整頓することで頭も心も整います。あなたの仕事のスピードは上がり、ミスも減ります。少しずつ丁寧にこなして、みんなに信頼され愛されれば、仕事も楽しく充実した日々を過ごせるでしょう。

 

もし、考えが違う人がいても、あなたが仲間からの信頼が厚ければ、そこまで気にする必要もなくなってきます。相談すれば先輩は、可愛い後輩を放置したりしません。

 

自分が教える立場になった時は、後輩のミスは指導者の自分のミスと考え、後輩だけを責めてはいけません。一緒に成長しいくことで良いチームができます。

あなたがいつまでもキラキラと楽しく働けるように応援しています。がんばってくださいね。ありがとうございました。

 

 

 

 




コメント